林田 眞美の公式サイト

いくつになっても”人と接し、刺激を受け、挑戦し、誰かに必要とされたい”と思う

林田 眞美
WRITER
 
マイ・インターン
この記事を書いている人 - WRITER -
林田 眞美
Restart50Academy(リスタ)主宰。 50代女性の「リスタート」を応援するセミナーや講座、イベントのほか、コーチングを取り入れたセッションを提供しています。 「スマホだけでビジネスできる講座」も開催。 IT企業勤務時代には、のべ10,000人のユーザーさまのサポートを経験。 専門用語を使わず、初心者にもわかりやすい説明をこころがけています。 日本経済新聞社さま主催のセミナーにも登壇。 成人したこども2人&夫&猫一匹とともに埼玉県在住。

2015年に公開された映画を、遅ればせながら視聴したんだけど、これは私たち50代が観るのにうってつけ!
(画像は  公式サイトから引用 させていただきました)

華やかなファッション業界で成功し、結婚してプライベートも充実、
現代女性の理想の人生を送るジュールズ。

そんな彼女の部下にシニア・インターンのベンが雇われる。

最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールズだが、
いつしか彼の的確な助言に頼るように。

彼の“豊かな人生経験”が彼女のどんな難問にもアドバイスを用意し、
彼の“シンプルな生き方”はジュールズを変えていくー。

出典:マイ・インターン公式サイト

 

2015年に公開された映画「マイ・インターン」。
ロバート・デ・ニーロもアン・ハサウェイも好きなので
何気なく観てみたら・・・
「年齢を気にすることなく、いつだってスタートしよう」
をテーマに掲げている私にしてみたら
もうメモしたいセリフだらけ。

70歳の ベンはどんな状況からインターンに応募するのか

 

青い空の下、広い公園で太極拳のレッスンを受けているベンの映像から映画は始まります。

私は退職し、妻に先立たれ、今は時間を持て余している。

妻が死んで3年。 隠居生活は、やること探しの毎日だ。

最初は悠々自適のなまけた生活を楽しんだ。

たまったマイレージで海外旅行、でもどこへ行っても、帰ったとたん、虚しさを覚える。

振り払うには動き続けること。

どこでもいい、家の外に出よう。

雨でも715分にスタバへ。社会の一部になった気がする。

 

その後の過ごし方は

ゴルフ、読書、映画、トランプ、料理教室、園芸、ヨガ、中国語レッスン・・・要は、何でもトライした。

そして葬式への参加、これは想像以上に多い。

 

最近の旅行はもっぱら 息子一家が住むサンディエゴ。愛すべき家族だ。

でも彼らに甘えすぎている気がする。

私は不幸なわけではない むしろ逆だ。

ただぽっかり空いた穴を埋めたい早めに。

 

お金も時間もたっぷりあるベン(ロバート・デ・ニーロ)だけど、やること探しに必死なわけです。

そして、「不幸ではなく、むしろ逆」と言っているのです。

でも、心にはぽっかりと穴が空いちゃってるんです。

わかるーーーー!と思ってしまいました。

50代の私たちも、子育てがひと段落してしゃかりきしていた頃に比べたら、自分のために時間を使えるようになって来ているはずなのに

「なんか、穴が空いちゃってる」ような気持ちを味わっている人、多いと思うのね。

味わっているというか、感じちゃっている人。それはベンも同じ。

だから彼は、シニア枠の「インターン」に応募することを決めるんです。

応募は履歴書を書いて送るのではなく、志望動機を語り、それを動画に撮ってYouTubeにアップするよう募集要項に書いてあるので、70歳のベンは戸惑うんだけど、SONY製のムービーに向かって話し始めます。

 

ベンがインターンに応募した理由

そこでインターンに募集しました。

考えれば考えるほどワクワクします。

毎日通う場所ができる。

人と接し、刺激を受け、挑戦し、誰かに必要とされたい。

技術的には疎く「USB接続とは何か」9歳の孫に聞きました。これから勉強します。

 

私はずっと会社人間でした。誠実で危機に強い。

 

ブルックリンに長年住んでいますが

最近おしゃれに変わったので私も変わりたい。

音楽家の引退は自分の中に音楽が消えた時。

私の中にはまだ音楽があります。

高齢者に必要なのは「きょうよう」と「きょういく」という言葉を聞いたことがありますか?

きょうよう=今日の用事

きょういく=今日 行くところ

 

人っていつまでも人に必要とされていたいですよね。

 

”人生100年時代”と言われる最近。
心の準備のために、男女問わず観ていただきたい映画だなぁって思います。

 

でもね、なにより、ベンの人間性が素敵。
バリキャリの女社長ジュールズが、最初は40歳も年上のベンにいらついているものの、彼の的確な助言によってどんどん変化していくさまに心が温まります。

人に必要とされるおばあちゃんになりたい!って間違いなく思いますよ、きっと。

私はAmazonプライム・ビデオで観ましたが、いまならいろんなサイトで無料で観られるのかも。
便利な時代になりましたね。

この記事を書いている人 - WRITER -
林田 眞美
Restart50Academy(リスタ)主宰。 50代女性の「リスタート」を応援するセミナーや講座、イベントのほか、コーチングを取り入れたセッションを提供しています。 「スマホだけでビジネスできる講座」も開催。 IT企業勤務時代には、のべ10,000人のユーザーさまのサポートを経験。 専門用語を使わず、初心者にもわかりやすい説明をこころがけています。 日本経済新聞社さま主催のセミナーにも登壇。 成人したこども2人&夫&猫一匹とともに埼玉県在住。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Restart 50 , 2019 All Rights Reserved.